相続放棄

借金整理ガイドRANKING

被相続人が借金を抱えていた場合、相続放棄することで債務を放棄することができます。

借金整理TOP > 相続放棄

相続放棄とは

借金は自分自身が作るもののほかに、他者から引き継いでしまうものもあります。

その代表的な例が財産相続です。

財産相続と言うと、親族が残した不動産や現金を受け継ぐ手続きのように思えますが、ここで言う財産には、負の財産、いわゆる借金も含まれています。

財産相続を行うと、親族(被相続人)のもつ遺産を受け継ぐとともに、借金も一緒に背負うことになります。

遺産と借金を比べて遺産の割合が大きかった場合は問題ありませんが、もし借金の割合が大半を占めていた場合、相続人は大きな痛手を被ることになります。

このトラブルを回避する方法が相続放棄です。

相続放棄とは、その名の通り、被相続人の遺産や債務をすべて放棄する手続きのことで、遺産を引き継がないかわりに、債務を背負わなくて済むようになります。

相続放棄は、相続が開始されてから3ヶ月以内に家庭裁判所に申し立てを行う必要があるため、相続放棄を検討している場合は早めに手続きを済ませるようにしましょう。

ただ、3ヶ月以内に被相続人の資産や債務を明らかにすることが難しいと認められた場合、期間の延長を申し出ることもできます。

財産の中に多額の債務があると知っていても、3ヶ月以上経過してしまうとそのまま財産相続が行われてしまいます。

もし被相続人が多額の借金を背負っていた場合、相続人であるあなたの生活が脅かされる可能性がありますので、借金整理法のひとつとして相続放棄を念頭に置いておくようにしましょう。

ちなみに、相続放棄した後、被相続人の債務に過払金が発生していると判明しても、新たに過払金返還請求を行うことはできないので注意が必要です。

新大阪法務司法書士事務所

全国どこでも相談・依頼OK! 着手金は、完全0円で対応!
www.kabaraichannel.com/id/5/

梶光夫司法書士事務所

身近に起こったトラブルなど法律に関わる諸問題をおうかがいし、具体的な方策をご案内。
www.kajimitsuo.com

アヴァンス法務事務所

借金は早期解決が肝心です。一日でも早くご相談を!
www.avance-law.net

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 借金整理の相談ならココ※債務整理に強い! All Rights Reserved.