任意整理のメリットとデメリット

借金整理ガイドRANKING

任意整理は借金を減額できるメリットと同時に、新たにローンを組めなくなるなどのデメリットがあります。

借金整理TOP > メリットとデメリット

任意整理を理解しよう

任意整理を行うと、多額・多重にのぼる債務の総支払額を減額できる可能性があります。

特にグレーゾーン金利の適用期間が長かった場合、過払金が発生し、元金の返済分に充当することが可能となります。

しかし、任意整理はメリットばかりでなく、一定のデメリットも存在します。

ただの借金整理法として認識していると後悔するおそれもありますので、メリット・デメリットの両方を正しく把握してから利用するようにしましょう。

任意整理のメリット

任意整理のメリットは、取引当初までさかのぼり、利息の計算法を見直せるところです。

2010年6月に貸金業法が改定される前までは、利息上限法の上限金利(15~20%)を超えるグレーゾーン金利(上限29.2%まで)を適用した貸付が行われていました。

任意整理では、グレーゾーン金利が適用された貸付分に対し、利息上限法に則った再計算を行うことで、利息を引き直すことができます。

これにより、現在の借金総額と過払分が相殺され、借金が減額される可能性があります。

また、任意整理は自己破産に比べて財産の処分や資格制限がなく、マイホームや預貯金を残しながら借金を整理することができます。

任意整理のデメリット

任意整理のデメリットは、自己破産や民事再生(個人再生)に比べ、借金の総支払額が多くなることです。

たとえば自己破産は原則としてすべての借金が免除され、民事再生では全額までいかないものの、借金の元金が大幅に減額されます。

一方、任意整理は支払いすぎた利息分はカットされるものの、借金自体の元本は原則としてそのまま支払い続けることになります。

ただ、自己破産は全額免除の代わりに資産を失いますし、民事再生は適用が難しい手続きなので、その間をとった借金整理法とも言えるでしょう。

ちなみに、任意整理を行うと、他の借金整理法同様、5~7年間は信用情報機関に登録されてしまうため、新たにクレジットカードやローンを利用することはできません。

新大阪法務司法書士事務所

全国どこでも相談・依頼OK! 着手金は、完全0円で対応!
www.kabaraichannel.com/id/5/

梶光夫司法書士事務所

身近に起こったトラブルなど法律に関わる諸問題をおうかがいし、具体的な方策をご案内。
www.kajimitsuo.com

アヴァンス法務事務所

借金は早期解決が肝心です。一日でも早くご相談を!
www.avance-law.net

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 借金整理の相談ならココ※債務整理に強い! All Rights Reserved.