個人再生・民事再生

借金整理ガイドRANKING

個人再生・民事再生は、再生計画に基づき、3年間借金を返済すると残りの借金が免除される借金整理法です。

借金整理TOP > 個人再生と民事再生

個人再生・民事再生とは?

民事再生とは、別名『個人再生』とも呼ばれる借金整理法のひとつです。

自己破産の場合、借金が全額免除されるかわりに、持っている財産(住宅や一定の財産など)を損失したり、資格制限を受けるなどのペナルティが科せられます。

一方、民事再生では、住宅などの財産を処分せず、減額された借金を3年間で分割返済することができます。

民事再生を利用できる条件としては、借金の総額(住宅ローンを除く)が5000万円以下であること。返済不能となるおそれがあること。そして継続して収入を得る見込みがあることが挙げられます。

民事再生のしくみ

民事再生は、一般的に弁護士が手続きを行い、裁判所に申し立てを行います。

裁判所は借金の額や保有財産を審議した上で、最低弁済額に基づいた再生計画を立案します。

最低弁済額は借金総額によって異なっており、民事再生法では以下のように設定しています。

300万円
借金総額 最低弁済額
100万円未満
借金全額
100万円~500万円
100万円
500万円超~1500万円
借金総額の5分の1
1500万円超~3000万円
300万円
3000万円超~5000万円未満
借金総額の10分の1

以上の規定から算出された借金総額を再生計画に基づいて3年間きっちり返済した場合、残りの借金の支払い義務を免除してもらうことができます。

民事再生のメリットとデメリット

民事再生のメリットは、借金を大幅に減額してもらいつつ、自分の財産も保有し続けられるところです。

民事再生の対象に住宅ローンは含まれないため、住宅ローンの返済は引き続き行う必要がありますが、それ以外の借金が最大で10分の1まで減額されるため、生活がぐっと楽になります。

一方、デメリットとしては、適用が厳しいことと、3年間はきっちり返済を続けなければならないことです。

一度可決された再生計画は途中で中止および変更することはできず、もしも返済などが滞った場合、民事再生が取り消され、借金額も元の状態に戻ってしまう場合があります。

また、適用条件についても、取引において一定額の返済を行っていることが前提となっているため、条件によっては不適用となるおそれがあります。

新大阪法務司法書士事務所

全国どこでも相談・依頼OK! 着手金は、完全0円で対応!
www.kabaraichannel.com/id/5/

梶光夫司法書士事務所

身近に起こったトラブルなど法律に関わる諸問題をおうかがいし、具体的な方策をご案内。
www.kajimitsuo.com

アヴァンス法務事務所

借金は早期解決が肝心です。一日でも早くご相談を!
www.avance-law.net

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 借金整理の相談ならココ※債務整理に強い! All Rights Reserved.