任意整理の流れ

借金整理ガイドRANKING

任意整理は専門家への依頼や受任通知の発送、引き直し計算などを経て、債権者との和解を目指す借金整理法です。

借金整理TOP > 流れ

任意整理は専門家へ

弁護士や司法書士に依頼すると、相談料成功報酬など、別途費用がかかってきますので、自分だけで何とかならないかと考える方は多くいらっしゃいます。

結論から言うと、任意整理は専門家を通さず、個人が申し立てることも可能です。

しかし、もともと債権者側(貸金業者)には任意整理に応じる義務はないため、特に知識のない一般人が申し立てを行っても、ほぼ取り合ってくれないのが実状です。

よって、スムーズに任意整理を行いたい場合は、やはり弁護士や司法書士など、しかるべき専門家のもとを頼った方が得策と言えるでしょう。

任意整理の流れ

専門家に任意整理を依頼した場合、以下のような流れで借金整理が行われます。

1.受任通知の発送

依頼を受けた弁護士または司法書士が、債権者である貸金業者に対し、債務者から任意整理を受任した旨の通知を発送します。

この受任通知には「専門家が依頼を受けて任意整理を始めたので、債務者に対して督促や連絡はやめてほしい」という意味と、「債務者との間に発生した取引履歴等をすべて提出してください」という2つの意味合いが込められています。

よって、受任通知が発送された時点で貸金業者からの取り立ては中止され、約1~2ヶ月後、取引履歴が届くようになります。

2.利息の引き直し計算

グレーゾーン金利が適用されていた場合、利息制限法に基づいて利息の引き直し計算を行います。

これにより、多くの場合、現在抱えている借金が減額されます。

3.返済案を提示する

貸金業者に対し、利息制限法に基づいて算出した返済案を提示します。

貸金業者によっては素直に任意整理に応じないこともありますが、その場合は訴訟を申し立てることもあります。

4.和解成立

債権者・債務者双方が同意した場合、和解成立となります。

債務者は引き直し計算によって算出された返済計画に基づき、残った債務を返済していくことになります。

もし訴訟しても和解できなかった場合、判決を取る可能性もあります。

ここまでの流れにかかる期間は貸金業者の対応にもよりますが、およそ3ヶ月前後が目安です。

ただ、取引履歴の開示に時間がかかったり、和解に応じないなどのトラブルが発生した場合、任意整理まで半年以上かかることもあります。

新大阪法務司法書士事務所

全国どこでも相談・依頼OK! 着手金は、完全0円で対応!
www.kabaraichannel.com/id/5/

梶光夫司法書士事務所

身近に起こったトラブルなど法律に関わる諸問題をおうかがいし、具体的な方策をご案内。
www.kajimitsuo.com

アヴァンス法務事務所

借金は早期解決が肝心です。一日でも早くご相談を!
www.avance-law.net

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 借金整理の相談ならココ※債務整理に強い! All Rights Reserved.