任意整理

借金整理ガイドRANKING

任意整理とは、これまでの取引内容を見直すことで、借金の減額や利息をカットする手続きのことです。

借金整理TOP > 任意整理

任意整理とは?

任意整理とは、裁判所などの公的機関を利用せず、債権者と私的に話し合うことで和解を勧める手続きのことです。

本来、フリーローンなどで借入を行うと、債権者(貸金業者)側が定めた利率に基づき、毎月一定額を返済するようになります。

しかし、さまざまな原因により、支払いが難しくなった場合、最低限の生活を送ることも困難となってしまいます。

任意整理は、債権者との話し合いにより、支払いが難しくなった借金の減額や利息の削減を申し出て、支払い可能な返済方法を考えることができます。

任意整理とグレーゾーン金利

任意整理は、グレーゾーン金利が適用された貸付を、利息制限法に基づいた利率で再計算(利息の引き直し計算)することから始まります。

利息制限法とは、借入額に対する利息の上限を制限する法律のことで、借入額10万円までなら年利20%、10~100万円までなら年利18%、100万円以上は年利15%とそれぞれ上限がもうけられています。

ところが、利息制限法を超えた貸付を行っている貸金業者が法的な罰則を受ける規則はなく、実際に法的罰則が科せられるのは、出資法によって設定された年29.2%を超えた場合のみです。

利息制限法が定める上限15%と出資法の上限29.2%の間の利息は『グレーゾーン金利』と呼ばれており、これまではグレーゾーン金利が暗黙の了解として認められていました。

しかし、裁判所がグレーゾーン金利における過払い請求を認めたこと。貸金業法においてグレーゾーン金利が撤廃されたことにより、近年では利息制限法で認められた利率(15~20%)に基づいて借金額を見直す利息の引き直しが行われるようになっています。

任意整理のしくみ

グレーゾーン金利が適用されていた場合、利息の引き直し計算を行うことで現在の借金額が減額されます。

任意整理では、利息の引き直し計算によって導き出された借金額を提示し、今後の返済方法を貸金業者と話し合うことになります。

話し合いの結果、和解が成立した場合、再計算によって算出された借金額に基づいて新しい返済計画が立てられます。

ちなみに、任意整理は個人で申し立てることも可能ですが、債権者側には任意整理に応じる義務はないため、まったくの個人で任意整理を行うのは非常に困難です。

そのため、任意整理を行う際は、弁護士司法書士などの専門家に依頼するのが一般的となっています。

新大阪法務司法書士事務所

全国どこでも相談・依頼OK! 着手金は、完全0円で対応!
www.kabaraichannel.com/id/5/

梶光夫司法書士事務所

身近に起こったトラブルなど法律に関わる諸問題をおうかがいし、具体的な方策をご案内。
www.kajimitsuo.com

アヴァンス法務事務所

借金は早期解決が肝心です。一日でも早くご相談を!
www.avance-law.net

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 借金整理の相談ならココ※債務整理に強い! All Rights Reserved.